弊社の『再現力のある精密臓器シミュレーター』が、
第5回「ものづくり日本大賞」において内閣総理大臣賞を受賞

ものづくり日本大賞 内閣総理大臣賞

株式会社クロスエフェクトは、経済産業省主催の「第5回ものづくり日本大賞」(製品・技術開発部門)において、「再現力のある精密臓器シミュレーター」により、最高賞である「内閣総理大臣賞」を受賞しました。

第5回ものづくり日本大賞 内閣総理大臣賞表彰式

「ものづくり日本大賞」について

ものづくり日本大賞」は経済産業省、文部科学省、厚生労働省、国土交通省の4省連携により2005年8月に創設され、2年に1度開催される総理大臣表彰制度です。
我が国の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献してきた「ものづくり」を着実に継承し、さらに発展させていくため、特に優秀と認められる人材を表彰する制度であり、部門毎に最も優秀と認められる人材に対して内閣総理大臣賞が授与されます。

「ものづくり日本大賞」について

受賞案件の概要

平成21年度より独立行政法人国立循環器病研究センター等の協力を得て、精密心臓シミュレータの開発に取組んできた。患者個体ごとのCTスキャンデータを用いたフル・オーダーメイド精密心臓シミュレーター製作の基礎技術を確立し(PCT国際特許出願中)、術前の緻密な検討や若手医師の教育訓練用として、本物に酷似した精密性・質感・強度を有するリアルな「心臓シミュレーター」の開発に成功した。
弊社のコア技術である高速光造形技術とハイブリッド真空注型技術を駆使することで、心臓の内腔までを忠実に再現した「オーダーメイドによる精密心臓シミュレーター」の独自技術を基に、更なる製品化・事業化を推進している。
また、若手執刀医の教育訓練用としての利用だけでなく、患者個体ごとのCTスキャンデータを用いたフル・オーダーメイド精密心臓シミュレーターにより、精度の高い術前シミュレーションを短納期で実現させ、高難易度手術の成功に寄与している。

心臓のCTスキャンデータ
本物に酷似した精密性・質感・強度を有するリアルな心臓モデル
忠実に再現された心臓の内腔

受賞の意義

心臓シミュレータ成人正常モデルの開発により、主に若手執刀医の訓練・教材としての利用が可能となり、複雑な形状理解を飛躍的に深め、執刀医育成に寄与する。又、これまで衛生面・費用面で開催の限られていた、ウェットラボをドライラボへと変換させ手軽に開催できるようになる。
次に、非常に難解な先天性疾患モデルの開発により、中堅・ベテラン執刀医に対しての、訓練・教材としての利用が可能となり、複雑な形状理解を飛躍的に深めることが可能となる。
また、フルオーダーの生体モデルにより、精度の高い術前シミュレーションを短納期で実現させ、高難易度手術の成功に寄与している。

受賞の意義 受賞の意義

心臓シミュレーターの主な受賞歴

賞名 主催 受賞対象
平成23年度京都中小企業技術大賞 京都府 「再現力のあるオーダーメイド精密臓器シミュレーター」
関西ものづくり新撰2013 近畿経済産業局 「再現力のある精密臓器シミュレーター」
平成24年度文部科学大臣賞 創意工夫功労者賞 文部科学省 「短納期・オーダーメイドの精密心臓シミュレーターの開発」
第5回ものづくり日本大賞 内閣総理大臣賞 経済産業省他 「再現力のある精密臓器シミュレーター」
グッドデザイン賞2013 金賞(経済産業大臣賞) 公益財団法人日本デザイン振興会 「医療用3D臓器シミュレーター」
グッドデザイン賞 2017 公益財団法人日本デザイン振興会 「医療用トレーニングモデル」

心臓シミュレーター概要

医療現場の声から生まれた「軟質素材」で確かな「再現性」を兼ね備えた心臓シミュレーターです。

  • ・標準的な成人男性データを基に製作
  • ・標準品をベースに特定部位の素材変更や、疾患の設定など、様々な仕様変更にも対応
  • ・1個からの販売が可能(受注生産)
  • ・CTスキャンデータからオーダーメイドで生体臓器モデルを作成する事も可能

【用途例】

  • ・若手医師等の教育訓練用
  • ・ウェットラボに代わるドライラボ用
  • ・各種医療機器の開発に
心臓シミュレーター概要 心臓シミュレーター概要

心臓・臓器モデルの製品一覧はこちら