デザインに関するご質問

どんなものでもデザインできますか?
プロダクトデザイン全般です。それに伴う、グラフィック等は手掛けます。
何を用意すればよいのですか?
イメージだけでも結構です。もちろん、ラフスケッチ・ラフモデル・内蔵物といったものをご用意頂けますと、工期短縮・コストダウンにもつながります。
どういった依頼の仕方をしたらいよいのですか?
メール・お電話でお気軽にご相談ください。
関西圏であればデザイナーと訪問することも可能です。

スキャニングに関するご質問

スキャニングできるサイズは?
手のひらサイズですが、形状によってご相談下さい。
スキャニングができない形状のものは?
自重で変形するようなものは撮影できません。また入り組んだ形状のモノも、レーザーが奥まで届かないので撮影はできません。
スキャニングができない表面は?
透明、メッキ処理などの光を反射する表面のものはそのままでは撮影できません。表面に塗装処理をしての撮影となります。
スキャニングされたデータ形式は何ですか?
STLファイル形式です。それにオートサーフェス機能で面を張ってIGESファイル形式にて納品致します。
どういった依頼の仕方をしたらよいですか?
メール・お電話でお気軽にご相談ください。撮影物の画像をご用意頂けますと、より正確な回答をすることができます。

3Dモデリングに関するご質問

図面がなくてもデータ作成は可能ですか?
ラフスケッチ・手作りモデルからでも可能です。
3Dデータ作成には何データがあればよいですか?
2次元図面から3次元データ作成の場合、DXFかDWGがあれば対応可能です。
CADを持っていないが依頼は可能ですか?
可能です。画像または3Dビューワーでのデータ承認も行っています。
現物またはサンプルからでもデータ作成は可能ですか?
可能です。スキャニング設備も完備しております。
3Dデータ支給でのデータ修正はしてもらえますか?
パラソリッド・STEP・IGES形式で頂けましたら対応可能です。
どういった依頼の仕方をしたらよいのですか?
メール・お電話でお気軽にご相談ください。

光造形に関するご質問

光造形の材質は何ですか?
エポキシ系紫外線硬化樹脂となり、弊社ではABSタイプの黄淡色と透明タイプの2種類を取り揃えております。
SCR735とTSR829の違いは?
どちらもABS相当ですが、大きな違いは色になります。黄淡色と透明になります。
SCR735(黄淡色)は汎用的な光造形の材料で、
TSR829(透明)は、耐湿樹脂となり、SCR735に比べると靭性・耐湿性に優れています。
透明光造形品の透明度は?
光造形の透明度は仕上げレベルによって変わります。積層の磨きやクリア塗装で透明度を上げていきます。
透明度が必要な箇所を事前にご連絡頂く事によって、内部を可視化できるレベルまで透明度を上げる事も可能です。事前にお問合せ下さい。
光造形の最大サイズは?
一体ものでは、黄淡色の造形品は、X/Y/Z 610×610×500(mm)まで製作できます。
透明樹脂の場合は、、X/Y/Z 600×600×200(mm)までになります。
これ以上大きなものは貼り合わせにて対応可能です。別途お問い合わせ下さい。
光造形の最小ピッチは?
最小積層ピッチは0.05mmとなります。
寸法精度は?
150mm角で約±0.1~0.2%程度の精度となります。光造形はZ方向の精度が出にくい傾向にあり、モデルの寸法や形状により異なりますので、担当者にご相談下さい。
製作できない形はありますか?
0.3mm以下の形状は表現不可ですが、製作不可能な形はほぼありません。
中空のモデルも作成可能です。
造形方向の指定はできますか?
可能です。仕上げ・意匠を考慮しまして、担当者から提案させていただくことも可能です。
着色は可能ですか?
樹脂自体に着色は不可ですが、塗装による着色は可能です。是非ご相談下さい。
仕上げ方法は何がありますか?
サポート除去仕上げ、積層除去仕上げがございます。
ご要望に応じた仕上げ方法を提案させていただくことも可能です。詳しくは担当者にお問い合わせ下さい。
表面処理の指定は可能ですか?
表面粗さの数値を狙うことはできかねます。事前に弊社のサンプルをご確認いただく事も可能です。
その他ご不明な点は担当者にご相談下さい。
二次加工は可能ですか?
可能です。タップ・ダイス・リーマ加工・インサートナット挿入など。
その他ご希望がございましたら担当者にご相談下さい。
見積りの目安は?
基本的には体積ベースで金額が決まりますが、仕上げのグレードによっても金額が変わります。お見積りの際に、担当者にお問い合わせ下さい。
光造形のコストダウン方法は?
仕上げのグレードを下げる、一度に数量を多くご注文頂く、納期をできる限り頂くとコストダウンの検討がしやすくなります。サイズにもよりますが3ヶ程度から真空注型がお安くなる場合がございます。

真空注型に関するご質問

注型の材質はどんな物が出来るの?
使用樹脂は真空注型用ポリウレタン系ABSライク、PPライク、エラストマーライク、POMライク、耐熱性樹脂の他に透明樹脂での対応も可能です。
注型の最大サイズは?
X/Y/Z 500×500×500まで製作可能です。形状により、多少オーバーしたものでも対応できる場合がございます。 随時ご相談下さい。
注型の最小サイズは?
形状によりますので、3Dデータを確認した後にご返答致します。
およその製作日数は?
形状によりますが、約1週間~10日での先行納品を基本としています。
目安価格はありますか?
形状によりますので、都度見積りとさせて頂いております。
注型品の耐久性は?
真空注型で使用する樹脂は、経年変化により、黄変する樹脂になります。詳細につきましては、個別にお問合せください。
シリコーン型の耐久性は?
形状によりますが、シリコーン型1型で約15個~20個製作可能です。
注型品に着色は可能ですか?
可能です。別途、塗装での対応も承ります。色見本やサンプルの支給で近似色での着色も可能です。
注型出来ない形状はありますか?
光造形で表現出来ないような微細形状などは、製作前に打ち合せをさせて頂きます。
何個まで製作可能ですか?
数量制限は特にございません。小ロットでの量産対応はさせて頂きます。
シリコン型 1型で20ヶ程度の注型品が製作可能です。仕上げによっては変動してくる場合がございます。
都度担当者にお問い合わせ下さい。
マスター支給での型取りしてもらえますか?
可能です。その際、当社にて下処理(塗装・研磨等)が必要な場合あります。
マスター状態を見てご相談させて下さい。
数個のマスターを一体で注型する事は可能ですか?
可能です。形状確認が必要なため、別途ご相談下さい。
抜き勾配は必要ですか?
シリコン型に抜き勾配不要です。
追加の際、型代は必要ですか?(型保管期限)
シリコン型の保管期限は3ヶ月です(20ショット以内)。追加時点での型状態にもよりますが3ヶ月以内の追加であれば注型品単価のみで対応可能です。
材料支給による注型は可能ですか?
持ち込みの樹脂でも積極的にトライさせていただきます。対応不可の場合でも、ご相談は随時承りますのでどんな事でもお気軽にお問合せ下さい。

CTスキャンに関するご質問

撮影データはどのような形式で出力されますか?
STL出力が可能ですが、STEP、parasolidなど中間ファイルで提出することも可能です。
装置の時間貸しサービスなどはありますか?(自分で装置を操作することは可能ですか?)
当社では行なっておりません。
CTスキャンを立会いで観察することは可能ですか?
可能です。お問い合わせ時にご要望をお伝えください。

その他のご質問

嵌合部分等は別途指示すれば精度は上げられますか?
嵌合部品の支給にて、嵌合確認・調整致します。
荒さ記号・平面度・平行度を図面通りに仕上げできますか?
数値的なものに合わせる事は難しいですが、面粗度についてはサンプル支給にて近い仕上げにする事は可能です。
量産は可能ですか?
当社では数量に限りがありますが、詳細は担当者にご相談下さい。
製作実績(業界等)は?
現在医療・自動車・産業機械・家電・アミューズ関係など幅広く多方面からご注文を頂いており、実績もございます。
造形・注型のメリット、デメリットは?

【造形メリッット】

  • 1. 切削で再現不可となるアンダーカット部、中空形状の複雑形状を一体で再現可能。
  • 2. 納期の短縮。形状が複雑であっても安価で対応可能。
  • 3. 形状が複雑であっても安価で対応可能。

【造形デメリッット】

  • 1. 耐熱温度等が低く、場所によっては割れやすくなる。(ツメ形状や肉薄箇所)
  • 2. 切削と比べると精度が出にくい。
  • 3. 湿度に弱い。

【注型メリット】

  • 1. 成形材料により近い材料で試作モデルが製作できる。
  • 2. 造形よりも安価に製作可能な場合がある。(個数・形状による)
  • 3. 金型と違い、多少のアンダーカットは無理抜きできる。

【注型デメリット】

  • 1. 精度が出にくい。
  • 2. 経年変化により黄変してしまう。
注文は1個からでも可能ですか?
可能です。単品・少量でのご注文承っております。
どの工程からでも対応してもらえますか?
可能です。是非ご相談下さい。
機密保持の対応は可能ですか?
可能です。指定の書式がない場合は当社にてご用意もいたします。
データに対するパスワード等のセキュリティはありますか?
現状検討中です。
個人での依頼は可能ですか?
可能です。お支払い方法や詳細につきましては担当者にご相談下さい。